63 多賀城

朝日が出ると
林に大きい自動車がたくさん生えている
エンジンが重く、下を向いたまま流されて
人でも入りたがらないような狭い木々の隙間に
逆立ちのまま埋め込まれているのだ

不自然な影を地面に映す木漏れ日の
あまりの幻想的なその光景に息をのんだ

その光景に出くわして私がそこを撮らなかったというのは、私が何を求めていたのかわからない。
なんでだろうか?

tagajo
多賀城市。

 

「ここを超えれば、たばこを買える」
ある七ヶ浜町の喫煙者。浸水範囲から仙台側に離れたところではタバコが売り切れになっていなかったため。
七ヶ浜町はどこに行くにも浸水範囲を通る必要があった。当時は道路がない。

tagajo-higashimatsushima

多賀城~東松島が今回の舞台である。

まずは多賀城。
石巻の山津波ではないが、やはり津波は1方行、等速度でくるものではないと教えてくれる。

例によって、多賀城は防災無線の大半が鳴らなかった。
この同じMade in Japanで鉄板の安全運行と言われる新幹線と防災無線の差はなんなのか・・・

多賀城市は都市型津波を雄弁に語った。
他の地域、例えば仙台市などは大都市に見えるが、今回の被害の中心は一軒家が並ぶ住宅地区が主である。
今回の都市型津波の代表格がこの多賀城市である。
多賀城工場地帯は「崩れない建物」が集まっていた。

都市型津波はまず今まで以上に海が見えない。
崩れない建物が視界を遮り、海の方向がどうなっているかすらわからない。
建物が高いため、津波が生み出す唯一視認できる土煙もあまり見えない。

そして崩れない建物に波がぶつかると、水が急激に狭いところに入り込み、一気に速度が上がる。破壊力が増す。

建物を縫うように進んだ津波はたとえば前後同時にやってくる。2方向から一気に水が来るのだ。
現代において、津波は海から来るとは限らないのである。
さらに不運なことに、多賀城の激甚被害区域と海を挟むように砂押川という川があり、その川は海側に溢れてきた。

つまり最悪3方向から津波が来ることになる。

とはいえ崩れない建物があるわけで、車ごと浮き上がったところで何とか逃げ出す、と言う選択肢も生まれると言えば生まれる・・・

少々脇道にそれるが、ある被災者は言う。
「テレビでよくあるヘリで救助されるシーン。
みんなぐったりしてるでしょ?ただ一晩待ってただけなのにあんなぐったりするもんじゃないだろ、と思ってたんだよ。
ところが実際助けられる立場になったら、すごい安心してね、腰抜けちゃうんだよ。もう立つなんてとんでもない」

ウェブ魚拓とウェブ石碑のメンテナンス告知

4月7日(土)の午前0時より、ウェブ魚拓およびウェブ石碑のメンテナンスを行います。
作業内容は、利用しているホスティング会社のプラン変更に伴うサーバの入れ替えになります。
4~8時間程度を予定しています。終わり次第、順次サービスを復旧させます。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

62 仙台 2

yuriage
閖上中学校。

地震後に公民館に避難した人々は、世間話をしていた。
逃げなかった人もおのおのゆっくりしていた。

■ここで運悪く、
地震で防災無線は完全に故障していた。
津波が来るという警報はならない。

暫く経った後、公民館に入った人々がぞろぞろと出てきた。
車で移動移動する人々、歩く人々。

■ここで運悪く、
公民館の職員は「ここは2階までしかない。津波が来るときの避難所ではない、中学校に移動してほしい」 と溜まっている人々を閖上中学校に送ってしまっていた。

市では大津波の際、最低でも3階の建物に避難させるという方針があったという。
結論から言うと、2階に居れば助かった。しかし、本震災の平均生存者避難階数は2.9F(ウェザーニューズら)。市は大津波への避難所の周知が徹底していなかったという点で問題があるものの、2Fで助かったのは結果論かもしれない。

津波に実感を持てない逃げなかった人々は立ち話などゆっくりと話していた。

■ここで運悪く、
中学校へ向かう車道は渋滞していた。
その先の交通量が非常に多い交差点のそばで死亡事故が発生していたためである。
公民館から閖上中学校は地味に距離がある。
非常に広大な平地である仙台平野の移動の常として、自動車が使われる。

信号は停電で当然全て機能していない。

このとき既に水門にいて海の変化を見た人、マンホールから水が吹き出しているのを見た人は我に返っていた。
この街がすでに海のものであるという現実に気付いたように。
町内で叫びながら避難、あるいは説得した。

大津波が来るぞ、逃げろと言っても全く信じて貰えず、自動車のドアを開け、ラジオを最大にして訴えた人も居た。
後の生存者はその時、
「あの人は(頭が)大丈夫か」
と思ったという。

「車から降りろ、逃げろ!」
降りて逃げる人もいたが、
「渋滞中に交通違反するわけにもいけない」
と車内にとどまった人もいた。

「海の方に煙が見えるよ」
そう子供がつぶやいたとき、閖上は―BBCの表現を借りると―「水拭き」された。

閖上地区の死者は人口の1割を超えた。

家路につくときの事故渋滞なら、ツイてないで済んだが・・・
(防災無線の故障原因などには調査結果がかなり妙なこともあるのですが、深く突っ込めないのでここでは記述しません)

貞観13年
この海岸にありがたい十一面観音像が
波に「ゆりあげ」られていたのを漁師が見つけた
それ以来この土地を
ゆりあげ浜と呼ぶようになった

海を去ること数十百里
どこから陸でどこから海か
原野も道路も すべて蒼

船に乗るにもいとまあらず
山に登るにも及びがたし

溺死するもの千ばかり
資産苗稼
何も残らず

(日本三代実録)

それはこの貞観11年の大津波とあまりに近い。

_DSC5809
閖上中学校の時計は14:46で停止した。

参考

NHK 巨大津波 その時ひとはどう動いたか
河北新報 2011/8/3 証言

ウェブ魚拓の障害発生

データサーバーのハードウェアの不具合により、現在ウェブ魚拓を停止しております。
復旧作業にあたっております。
ご不便をおかけして申し訳ありません。

61 仙台 1

「ここに二つ市があったはずだね。名取市と、仙台市。なんというか、松島まで見えそうだ」

砂を靴で噛みながら閖上の神社に立つと、あまりにも見晴らしの良いその光景は、今後生まれてきた子供にここに街があったと言っても信じてもらえないのではないかと思えるものだ。

 

from_yuriage_to_sendai
「原爆という人災よりも、自然の力はさらに恐ろしかった」

広島で原爆被害にあった女性。中国新聞社より。

■被災面積を数値で比較

・第二次世界大戦のヒロシマ・ナガサキ含む空襲被害総面積 640平方キロメートル

・東日本大震災の浸水地域 561平方キロメートル
・福島原発居住禁止区域 約1100平方キロメートル

sendaiwan

冒頭の写真は名取市閖上地区の神社より北方面を撮影。壮大な地平線がある。
仙台湾を襲った津波は内陸6kmまで到達。沿岸のことごとくをさらった。
これは原爆被害に遭った女性が語ったとおり、被害面積という意味では原爆を圧倒する。
この神社は象徴的な場所である。

Japanese town of Yuriage ‘wiped from the map’
ユリアゲは地図から”水拭き”された – BBC イギリス


神社は津波から残った、やっぱり先達はすごい!という意見はある。ただ本当に昔からある、津波を避ける位置のもの以外結局流れた。
古くからあって生存していったものが残るというものもあれば、ここまで津波が来るぞという本当に目安となる(津神社、浪分神社などモロな名前が付いている)ものもある。
それは歴史に詳しくないと判断が難しい。避難の時の目安にするのは危険である。高い所に逃げよ!(まあ私もお堂に居たわけだが・・・)

ちょっと考えて見ることにしよう・・
海岸から自動車を使わずに避難できるだろうか・・
もしくは、する気になるだろうか・・

市は自動車での避難は推奨していないが、結局自動車しかないという広大さが仙台平野には多分にある。

様々な要素で閖上の人的被害は拡大する。

60 天然の要塞と人工の要塞 普代村の奇跡

「松島はもう観光再開しているみたいだぜ」
松島は日本三景と呼ばれる観光地である。三景にそれぞれ割り当てられる「雪月花」の「月」を担当する。
やや家屋には浸水のあとの泥の線があるが窓などが割れていないところを見ると、緩やかに上がって緩やかに下がった程度であると言える。

松島町

死者:2
行方不明者:0
建物の被害:0

(宮城県発表)

対面にある東松島町は苛烈な破壊を受けている。
そこから見ると松島はかなり平和なようだ。

少々距離的に飛ぶが、車を走らせていると普代村も目につく。
「まるで被害がないな」
「多少漁港の建物が破壊されているけど、他の場所に比べれば何も無かったかのようだね」

 

fudai_matsushima_edited-1

 

普代村と呼ばれる場所は、岩手県の北の北にある非常に小さい町だ。人口も約3000人と少ない。

_DSC6590
普代村を守る、巨大な壁

岩手県普代村

死者:0
行方不明者:1
建物の被害:0

(岩手県発表)

本震災で例外的にこの2つの町はほとんど被害がない。

松島は海底の地形と天然の島々が津波を防いだと言われている。
観光客は速やかに避難をしたという。観光客は「あずかりもの」なので避難させる意識も高かったのかもしれない・・・

普代村は明治、昭和の大津波双方で壊滅している。地形は波を増幅させる三陸そのものだ。

世界最高の防波堤と言われていた釜石の防波堤が破壊され、津波太郎の万里の長城と言われた高さ10mの田老町防波堤も突破された。
(両方の防波堤は全く無力では無かったといわれてはいるが)防波堤よりも、高台移転、人間が逃げるというのに力を入れていこうという方向に傾いた。
田老町は明治三陸大津波で15mの津波に襲われているが、残念ながら参考にしたのは10mの津波であった昭和三陸大津波のようだ。

bouhatei
釜石市近辺にある防波堤の一つ。助手席から撮影したので正確な位置がわからないが、かなり巨大な防波堤が木っ端みじんに粉砕されている。切り取られた階段が虚しい。

そんな中、この津波に耐えきった防潮堤と水門が普代村にある。
その高さは15m超という、類を見ないものだ。

この防潮堤を作った当時の村長は、明治の普代を襲った津波は15mあったという言い伝えを信じ、15m超の防潮堤を作るのに奔走したという。
「田老でも10mなのに、その15mという数字はどうにかなりませんか」
というやり取りがあったのは間違いない。村の中でも反対はあっただろう。

しかし村長は作った。そして耐えた。

普代村にとどまらず、三陸の英雄としてこの村長は高く評価されることになった。
噂によると村長の墓参りに訪れる人は後を絶たないという・・・・

一方これを知ると、じゃあなんで高い防潮堤を作らないのか、という声が聞こえてくる。

そちらは至極ごもっともであり、簡単に説明させていただく。
一度でも普代村を見ていただければわかるが、普代村は非常に小さい。防波堤の延長も非常にわずかで済んでいる。防潮堤は130m、水門は205mにすぎない。
田老は2.4kmであり、文字通りケタが違う。しかも、普代村と異なり、たとえば大船渡や宮古なら高さが40mが必要という結果が出るかも知れない。金額も兆に達するだろう。
その金を工面するのは難しい。高台移転の方が安い。真似しろとは一概に言えないのである。

松島はただ在るだけで津波を防いだ。紛れもない日本三景である。

そして普代村は一人の村長の執念で津波を返した。

私は周囲の反対という孤独の中15m超を譲らなかったであろう村長にこの言葉を思い出す。

「一頭のライオンが指揮する百頭の羊は、一頭の羊が指揮する百頭のライオンに勝つだろう」
カール・フォン・クラウゼヴィッツ 戦争論