ウェブ魚拓の画像等の表示を一時的に停止しています

ウェブ魚拓をご利用戴き、ありがとうございます。

削除依頼をお受けしたコンテンツで、削除しきれていないケースが確認され、現在、原因と対策を調査中です。現在、ウェブ魚拓で画像等は取得のみ行えますが、表示は行われない状態になっております。
問題がないと確認され次第、画像等が再表示されます。

ご心配ならびにお手数おかけ致しますがよろしくお願い致します。

ウェブ魚拓でわいせつなページを取得する事は禁止されています

ウェブ魚拓で非常に高負荷が続いておりましたが、原因を捕捉し、削除、該当ページ、またサイトドメインごと禁止処置を行いました。非常に接続しづらい状況になっていたため、ご利用者にご迷惑おかけ致しましたことお詫び申し上げます。

ウェブ魚拓において、利用規約にございますとおり、わいせつ物、ポルノの取得・公開による取得者特定の捜査協力要請が来た場合、取得者がわいせつ物のアップロード者と見なされ、取得者情報の提供が行われます。

以上よろしくお願い致します。

BCAAの値段の違いとは何なのか

やばい。もう何がヤバいって、この話題がなんかヤバい。そしてこの違いを体験から訴えているページを発見する事が出来た事があるだろうか?私は解らない。

しかし、この質問は多い。なんだかよく分からないが、BCAA、確かに価格のばらつきは大きい。
これはもう、体験から語っておく事にするしかないと判断したのだ。
母集団は1だし、根拠も怪しい。ただのくだらない体験である。しかし我々にとっては体験こそ全てなのだ。もちろん、体調だの変な要素が絡まないように反証は試みる。私はかなり自信を持ってこの意見を述べるつもりだ。参考にして欲しい。

BCAAの基礎知識はここでは論じないとして、我々は不安感を一掃するために何時間もトレーニングをする。そんな過酷なトレーニングの時はBCAAを石炭のようにぶち込むものだ。

さて、そんなあるとき、BCAAがどっかの安物になった。

BCAAには価格帯に妙な違いがある。しかしはっきり言って、入っている成分はどれも似たようなモノ、つまり、「バリン・ロイシン・イソロイシン」つまり、ブランチドチェーンアミノアシッドなのである。違いなんかないだろ?確かに水への溶けやすさなどへの違いはあれど、粉を口の中に入れて水で押し込むスタイルを取っている私にとって、溶けちまえばみんな同じだ。あるときそんな思いから、俗に言う安物を注文したのである。

Img0177

もちろん、安物だからと言って安すぎるわけではない。別に怪しいモノが入っていたわけではない。5桁円のBCAAも4桁円のBCAAもブランチドチェーンアミノアシッドだった。

ところが、何となく、何となくだが、石炭のようにぶち込む気にならないのだ。不味い?いや、不思議と味はむしろ安物の方がおいしいワケだ。
そういえば、代表的なメーカーで何種か試したが、若干価格に比例気味で飲める頻度が違ったような気がするのである。高いものはたくさん飲む気になるし、安いモノはなんだか追加で放り込む気にならない。

あるとき、それは確信に変わったのだ。

脚部の(自分にとっては)ハードなトレーニングをしていたとき、当然のことながら、吐き気を催す。そのとき、なんとBCAAがほぼそのままの形状で上から戻ってきたのである。これだ!

なんでか知らんが、吸収が遅いのである。BCAAなんてたいてい御大層な説明の通り、吸収良さそうなもんだ。しかし事はそう単純じゃなかったのだ。Oh!
しかも不思議と、石炭スタイルを控えサボらずに頑張って溶かしてもやはりたくさん放り込む気にならないのだ。

体の声を聞けって事をつくづく思い知ったわけだけど、手に入りやすいメーカーではゴールドジムのBCAAとかで良いんじゃないかな。断っておくけど、ここ関係でトレ記事を書いてたからとか、そう言うのじゃなくて、ほんとにね。

体の声。つまりそういうことだよ。